ラブ・ジ・アースの活動を報告するブログです
by lovetheearth_blog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
メモ帳
↓ラブ・ジ・アースって何と思った人はココをクリック! 活動の主旨、過去のイベントレポートなどを公開しています

ラブ・ジ・アース公式サイト
ブログジャンル


<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ラブ・ジ・アース ミーティング9th 開催決定!
ラブ・ジ・アース ミーティング 9th
2007年9月16日(日)午前9:30~[雨天決行]
静岡県御前崎市 マリンパーク御前崎

第9回ラブ・ジ・アース ミーティングのメインテーマは、「海岸でゴミを拾おう!」です。キレイな海を未来に残そう。そして、世界につながる海と向き合うことで、あらためて地球の存在を確認しよう。この地球でいつまでもバイクに乗り続けることができるように、一緒に始めませんか?
詳細はこちら



※台風など、極度の悪天候の場合のみ10/14(日)に延期となります。
9月15日(土)午後12:00更新のこのブログにて告知いたします。


[アクセス]
e0018342_9445517.jpg
[PR]
by lovetheearth_blog | 2007-06-28 09:45 | イベント告知
◆スタッフ日記 その60◆ 会員からのうれしいレポート
去る6/17(日)に新潟県上越市にて、
有志で集まって海岸清掃を行なったという会員の方からメッセージをいただきました!


e0018342_10333410.jpg


















上越暇人会

こんばんは!
先日(ラブジ掲示板にて)『芽吹き』のお知らせをしたモノです。
おかげさまで天気にも恵まれて 風も無く(笑)
充実した時間を仲間と共有できました!
ラブ・ジ・アースで柏崎の海岸清掃をした私と、
長岡市の野積海岸の清掃をしたメグさんがネットを通じて話すうちに
「地元の海岸もキレイにしようよ!」
って盛り上がり、集めたゴミの処理や分別、ゴミ袋の手配など市役所に問い合わせて(ほとんどの仕事をメグさんに押し付けてしまいましたが・・・)やっと当日を迎えたのです。
出会い系だの詐欺だのと、とかく評判の良くないネット社会ですが、今回集まった方々はSNSのコミュニティ「上越暇人会」に参加している方がほとんどです。
(やはり、メグさんの知り合いばかり集まって下さいました)

朝7時半に集合して分別の注意をお願いし、いざ海岸へ!
ペットボトル・お菓子の袋・花火の残骸・木片・投網の残骸・釣りの仕掛け・流木・缶・ビン・ガラス片などなど ありとあらゆるゴミに愕然としました!
対する我らは、遅刻・早退者を含めて30名弱。
アイテムは、市から配給のゴミ袋50と持参の軍手!
和やかなイベント気分も吹き飛び、ただ黙々と下を向いてゴミを拾う姿に感動です!
善意に対してご褒美の『浜風』が心地よく♪ 終了予定の10時を待たずに50袋のゴミの山ができました!
結構バイク乗りも居て、終わって雑談してる時に雑誌を取り出して
「こんなの知ってますか?」
ってラブ・ジ・アースの記事を見せてくれて(笑)
「みんなでクルマやメットにこのステッカー貼りませんか?」って…(笑)
「申し込んだら貰えるみたいなんですけど、一緒に申し込みましょうよ!」
って とうとう我慢出来なくて、
「わたしは持ってるよ!」
大笑いしてしまいました。
(moonfriend)

e0018342_10364883.jpg




















e0018342_1036339.jpg




















e0018342_10361442.jpg




















e0018342_1037344.jpg
[PR]
by lovetheearth_blog | 2007-06-20 10:42 | スタッフ日記
◆スタッフ日記 その59◆ THINK SINK TUVALU UAが見たツバル
先週末、東京・世田谷区のIID GALLERYで開催されている写真展『THINK SINK TUVALU UAが見たツバル』(6月15日~24日まで開催)に行ってきました。

みなさん、「ツバル」って知っていますか?

地球温暖化に関心のある人はピンときたと思いますが、ツバルは9つのサンゴ島(環礁の島)からなる南太平洋の島国で、総面積が26平方キロメートルという小さな島。海抜がとても低く、地球温暖化によって海面が上昇し、近い将来、海に沈んでしまうと言われています。そして島が沈むとなると、ツバルの10,000人ほどの国民は、生まれ育った土地を離れ、近隣諸国への移住を余儀なくされることになります。

そんな話を知人から聞いたシンガーソングライター・UAは、ツバルがどのような国なのか、そこに暮らす人々はこの現実をどう受け止めているかといった想いから、いつしかツバルを訪れたいと思うようになったと言います。そしてUAはそんな想いを“黄金の緑”という楽曲の一節に綴り、それを聴いたFM局J-WAVEの関係者が、この楽曲に共感。環境問題に一石を投ずるべく、番組制作を検討しました。結果、ラジオ局として今後この問題を伝えていく必要があると判断し、特別番組『BLUE PLANET ~UA、沈みゆく島国ツバルへ』を制作することを決定。ツバルを訪れることになったのです。

そのとき撮影された多くの記録写真の中から一部を展示したのが、この写真展『THINK SINK TUVALU UAが見たツバル』です。

フレームにおさめられた美しい海や空とは対照的に、一日一日、島が浸食されているという悲惨な現状が、そこに映し出されていました。

ツバルは私たちにとっては“無縁”の国かもしれません。住む場所を、そして国をも失おうとしている人たちがいるということも、私たちにとっては痛くもかゆくもないこと、なのかもしれません。でも、そういった現状を生み出した根幹には、私たちがいます。
私たちの日常生活から排出される温室効果ガス(二酸化炭素など)によって、地球温暖化が進み、それにより北極や南極の氷が溶け出し、高い山の雪や氷河が溶けてしまう。その結果、海水の体積が増え、今より海面が高くなっていき、島は沈んでしまうかもしれないという危険にさらされているのです。


会場の壁一面に展示された記録写真の数々。
住民たちの笑顔のなかに見え隠れする、計り知れない不安と悲しみ。

「ここ以外に私の住む場所はない」
「ツバルとともに人生をまっとうする」
「私たちの幸せを返してくれ」

そんな叫びが聞こえてくるようでした。


興味のある方は、ぜひツバルのことを調べてみてください。(S)

■写真展について/IID世田谷ものづくり学校■

■『BLUE PLANET ~UA、沈みゆく島国ツバルへ』について/J-WAVE■

■ツバルについて/TUVALU OVERVIEW■
[PR]
by lovetheearth_blog | 2007-06-19 20:06 | スタッフ日記
◆スタッフ日記 その58◆ バイオガソリン
みなさんもニュースなどでご存知かと思いますが、
首都圏の一部ガソリンスタンドでバイオガソリンの販売が始まっています。
バイオガソリンとは、植物(サトウキビやトウモロコシなど)から生成したバイオエタノールをガソリンに3%の割合で混合したもの。
品質としてはレギュラーガソリンと変わらず、燃費やエンジンへの影響もないとのことで、
環境にやさしい燃料として今注目されています。

そもそもなぜバイオエタノールが環境に良いのかというと、
植物は成長過程で二酸化炭素を吸収しているので、それを燃焼させて二酸化炭素が発生しても、プラスマイナスゼロで二酸化炭素の総量を増大させない(カーボンニュ-トラル効果)と考えられるからです。バイオエタノールの先進国はブラジルとアメリカで、ブラジルではすでにエタノールを何%混入しても走れる車が普及していて、アメリカも石油に替わる燃料として本格的な取り組みをはじめています。

こうやって説明すると良い話のように聞こえますが、その一方で原料の増産のために熱帯雨林が破壊されたり、世界的に穀物とそれを餌とする畜産物の価格が高騰して、貧困な地域の飢餓を助長することなどが心配されています。

いろいろ問題はあるようですが、いずれ石油が枯渇するのは確かなわけだし、
今の技術でできることを模索していくしかないのかもしれません…。
ところで、みなさんはバイオガソリンを使ってみましたか?
僕はというと、わりと古いバイクに乗っているので、エンジンに影響があるのではと少々びびっていまだ試していませんが、(とくにエンジンが壊れたという噂は聞かないので…)次の給油時にはバイオガソリンを入れてみようと思っています。
結果は追って報告します!(T)
[PR]
by lovetheearth_blog | 2007-06-13 16:57 | スタッフ日記
◆スタッフ日記 その57◆ 宣言!!
昨今のニュースや新聞などで耳にした方も多いと思いますが、
6月は『環境月間』です。
環境月間とは環境保全に関する国民の認識と行動を促すため、
平成3年度に設定されたもので、
この一ヶ月間、全国で環境に関する様々な行事が行なわれます。
ちなみに6月5日は環境の日とされていて、
これは、1972年6月5日からストックホルムで開催された
「国連人間環境会議」を記念して定められたものとか。
世界各国でも、この日に環境保全の重要性を認識し、
行動の契機とするため様々な行事が行なわれました。
この日、たまたま何気なく聞いていたラジオの、
「自分一人が行動してもどうにもならないのではなく、
その一人一人が努力しなくては何もはじまらない」
という言葉が、妙に心に残っています。

まずは自分ができること。
やたら暑がりな主人を前に、
「今年は冷房28度厳守!」を掲げた我が家なのでした(C)。

e0018342_13333827.jpg




















提供:環境省
[PR]
by lovetheearth_blog | 2007-06-07 13:38 | スタッフ日記