ラブ・ジ・アースの活動を報告するブログです
by lovetheearth_blog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
メモ帳
↓ラブ・ジ・アースって何と思った人はココをクリック! 活動の主旨、過去のイベントレポートなどを公開しています

ラブ・ジ・アース公式サイト
ブログジャンル


[report]エコプロダクツ2012 [その2]
2012.12/13~15にかけて開催された“エコプロダクツ”のレポート第2弾。
現在、国土交通省が導入を進めている“超小型モビリティ”。
今注目を集める新ジャンルの正体とは?
e0018342_17184188.jpg

[古くて新しい?“超小型モビリティ”]

“超小型モビリティ”を簡単に説明すると、
コンパクトで小回りが利き、
地域の手軽な移動手段となる、
環境性能に優れた二人乗り程度の自動車のこと。

導入の背景としては環境・エネルギー問題はもちろん、
他にも様々な要因があります。
都市部における渋滞や駐車スペースの問題、
地方圏における公共交通の衰退、高齢化による外出機会の減少、
配送業の発達とそれに伴う路上駐車や荷捌きによる交通混雑。
さらに、一般的な自動車ユーザーの利用形態を調べると
乗員1~2名による10km以内の移動が大半を占め、
日常のほとんどの場面でオーバースペックであることが分かりました。

そこで、最低限の能力を備えた小型のモビリティがあれば、
これらの問題の解決につながると考えたわけです。

e0018342_17194152.jpg
[図:国土交通省のガイドラインより]
図中の「三・四輪車 / 0.6kW以下 50cc以下」という欄は一般に“ミニカー”と呼ばれます。
おそらくほとんどの方が自動車教習所のテキストで目にした程度で、
実物が走っているのを見たことがある人は少ないのではないでしょうか?

[ミニカーとは?]
ミニカーは“道路運送車両法(車両の登録や保安基準に関する法律)”では原付1種で、
“道路交通法(免許や交通ルールに関する法律)”では自動車扱いとなり、
税金などの諸経費が原付並みでありながら一般道を自動車と同じルールで走れる
(30km速度制限や二段階右折がない)というものです。
一時期流行したものの、時代の変化や法改正の影響で、
現在ではほとんど見かけることはなくなりました。

ミニカーは超小型モビリティのコンセプトに近い面もありますが、
1人乗りで積載量が少ない点がネックでした。
そこで、ミニカーと軽自動車の間に新たなカテゴリー
(上図中央の赤い四角)を設けようというのが今回の試みなのです。
この認定制度は早くも2013年の1月から始まります。
当面は現行の軽自動車規格の一部を緩和する形を取り、
「申請すれば例外として認められる」という限定的な運用になります。

会場では、この認定制度に向けて新たに開発された車両から、
現行の規格で販売され、すでに公道を走っているものまで、
さまざまな超小型モビリティが提案されていましたので、以下にご紹介します。

●NISSAN New Mobility CONCEPT
フランス・ルノー社のEV車をベースにしたもので、現在横浜市内で実証実験中
e0018342_17231492.jpg

座席に座ってハンドルを握ってみると意外にドッシリしていて安定感が高そうです↓
e0018342_17184792.jpg

後部座席にも座ってみましたが、見た目ほど窮屈ではありませんでした↓
座席が前後に位置するタンデム方式なのは車幅を小さくするため
e0018342_17185417.jpg


●ホンダ マイクロ コミューター プロトタイプ
運転手1名と後席には子供2人が乗車可能
2013年から実証実験を開始する予定とのこと
e0018342_1725056.jpg

2011年の東京モーターショーで公開されたコンセプトモデルがベース↓
e0018342_17245861.jpg


●墨田区 HoKuSaiⅢ
スカイツリー周辺などの観光ユースを目的として墨田区内にある企業が合同で製作
各社の得意分野を活かして個性豊かなマシンに仕上がっています
e0018342_17261282.jpg


●日本エレクトライク
インド製の車体をベースにした電動トライク
3輪はコーナリング時に不安定になる弱点がありますが、
今は技術力でカバーできるとのこと
e0018342_1727108.jpg


●トヨタ車体 コムス (ミニカー/普通自動車免許)
セブンイレブンの宅配事業用に導入済み
e0018342_17265095.jpg

オプションとなるキャンバスタイプのドア↓
この種の車両にドアがないのは、車内を密閉すると
エアコンが必要になって航続距離が減ってしまうから
また、配送が主な用途である場合は無いほうがむしろ便利なのだとか
e0018342_17265746.jpg


●MITSUOKA Like T-3 / 佐川急便 (側車付軽2輪車/普通自動車免許)
狭い路地の多い京都市内で試験導入中
道路運送車両法では250cc以下のトライク扱いなので二人乗りも可
レトロで愛らしいデザインが印象的
e0018342_17276100.jpg


いかがでしたか? 
新しいモビリティを試行錯誤するなかで、
ミニカーや3輪が見直されている点が興味深い!
まさに温故知新ですね(T)

レポートは来年に続きます。
今年一年、ラブ・ジ・アースへの応援ありがとうございました。
みなさん、良いお年を!
[PR]
by lovetheearth_blog | 2012-12-27 18:21 | ブース出展レポート
<< ◆スタッフ日記 その117◆ 新年 [report]エコプロダクツ... >>