ラブ・ジ・アースの活動を報告するブログです
by lovetheearth_blog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
メモ帳
↓ラブ・ジ・アースって何と思った人はココをクリック! 活動の主旨、過去のイベントレポートなどを公開しています

ラブ・ジ・アース公式サイト
ブログジャンル


[report]エコプロダクツ2012 [その3]
2012.12/13~15にかけて開催された“エコプロダクツ”のレポート第3弾。
日常の中に隠れた“きっかけ”を見つけ出す。
この折り紙のようなオブジェの正体とは?
e0018342_1434214.jpg

この展示会を見ていつも感じることは、
(以前にも何度か触れましたが)
我慢することや節約すること、
技術革新だけがエコではないということ。
たとえば、
・自分の得意なことを活かす
・古くから伝わる知恵を活かす
・自然が本来持っている力を活かす
など、今あるものを活かす発想と、
それらを結びつけていく“人のつながり”がとても大事なのです。

今回は「eco japan cup 2012」というコンテスト入選者の中から、
“活かす”や“つながる”にちなんだ素朴で斬新な取り組みをご紹介します。


「Japanese tip」 箸袋で粋なコミュニケーション
e0018342_14341514.jpg
みなさんも、飲食店で話し込んでいるうちに
箸袋やストローの袋で意味も無くオブジェを作ってしまった、
なんて経験はありませんか?
この取り組みでは、あえてそこに意味を持たせて、
「美味しかった!」
「ありがとう!」
をお店に伝えたいときは
“箸袋で何かを作って残していこう”
という呼びかけです。
無駄だから無くそう、ではなく
使って役立てよう、という発想が素敵ですね。


「とくいの銀行 TokuinoBank」 地域のコミュニケーションを促進
e0018342_14342450.jpg
これは茨城県にある団地で実践されている活動で、その名も「とくいの銀行」。
自分が得意とすることをこの銀行に預けると、
他の人の得意なことを引き出す権利が与えられるというもの。
例えば、自分の「PCが得意」を預けると、
誰かの「バイオリンが得意」を引き出せる。
こうして週末には、バイオリンが弾ける人に演奏会を開いてもらったり、
PCの操作が分からない人から自分が呼ばれたりする。
そういった住民同士の新たな交流が生まれるのだそう。


それが何になるの?と思われる方もいるかもしれませんが、
何事も始めるためには“関心を持つこと”が必要です。
そのきっかけは身近にたくさん転がっている方が良いし、
続けていくためには“楽しむ気持ち”も大事です。
忍耐力や技術力に頼るだけでは決して長続きしません。

日常の中から“きっかけ”を見つけ出して、
今出来ることを、楽しみながら、継続していく。
ラブ・ジ・アースもそんな“きっかけ”になれたらと思います(T)
[PR]
by lovetheearth_blog | 2013-01-18 15:14 | ブース出展レポート
<< ラブ・ジ・アース ミーティング... ◆スタッフ日記 その117◆ 新年 >>